診療内容

うたせ内科・消化器内科-モバイルサイト

患者の気持ち-うたせ内科・消化器内科

高血圧

高血圧

~ 高血圧とは ~

血液が流れる際に血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。

心臓はポンプのように毎分60~70回ぐらい、血液を血管へ流し込んでいます。

心臓が収縮して血液を押し出した時に、血管にはいちばん強く圧力がかかります。

この血圧の値が「最高血圧」です。

そして、収縮した後に心臓が広がる時に、圧力がいちばん低くなります。

これが「最低血圧」です。

最高血圧と最低血圧のどちらが高くても、「高血圧」と診断されます。


~ 高血圧の症状は? ~

高血圧では自覚症状は殆どありません。
そのため普段から定期的に血圧を測っていないと自分が高血圧であると自覚できません。
そのために定期的な健康診断が必要なのです。
また定期的な健診で高血圧を早期に発見できても、自覚症状がないからといってそのまま放置している方も多く見受けられます。

高血圧は放置すると、血管が硬くなる動脈硬化や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳卒中などの重篤な病気をを引き起こす可能性があります。

~ 高血圧の原因とは ~

高血圧の90%以上が原因のはっきりしない「本態性高血圧」といわれます。
高血圧の方の家族には高血圧の方が多いことや、高血圧の方の子供が高血圧になりやすいことから、 高血圧が起こる原因には遺伝も関係していると考えられています。

ただし、遺伝的な要素を持つ方が必ずしも高血圧を発症するということではなく、 高血圧になりやすい体質ではなくても、普段の生活習慣によっては高血圧を罹患する可能性が高くなります。

遺伝を含む体質と塩分のとりすぎや脂質の取りすぎ、運動不足、肥満、ストレス、アルコール、喫煙などの生活習慣も大いに高血圧の原因となるのです。

~ 高血圧の治療 ~

降圧剤を飲んだら一生服用し続けなければならないと思っている方もおられます。

高血圧治療の目的は、血圧を下げることにより心臓や血管の病気と、 それらの結果としての虚血性の心臓の病気や脳卒中を防ぐことにあります。

そこで高血圧だと診断されたら、自覚症状がないから平気だなどとも思わずに、早く治療を始めることをお勧めします。 高血圧と同時に、すでに糖尿病や脂質異常症、肥満など、心臓や血管の病気の多くのリスクをもっている人は、治療を受ければより大きな効果が得られます。

また軽症の高血圧の患者さんであれば、すぐに治療を始めることにより薬を使わずに血圧を下げることができたり、 早めに降圧剤を使用することでその後に降圧剤の使用を中止できることもあります。


医院概要

うたせ内科・呼吸器内科 

〒261-0013
千葉県千葉市美浜区打瀬1-11-1
幕張ベイタウン アムゼ2階

[電話番号]  043-212-8811

診 療 時 間

9:00~12:30

/

14:30~18:00

/

/

/

[休診日] 日曜、祝日