診療内容

うたせ内科・消化器内科-モバイルサイト

患者の気持ち-うたせ内科・消化器内科

呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科とは、「呼吸」に関係する臓器の病気を専門的・内科的に診る診療科です。

呼吸器の病気で最も身近な病気としてはかぜや上気道炎、気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症、気管支喘息などがあります。

その他にも慢性閉塞性肺疾患 (COPD、いわゆるタバコ病です)や肺がん、塵肺、間質性肺炎など様々な病気があります。


▼ 次のような症状がある場合はお気軽にご相談ください

  • 咳や痰が長引く
  • 急な発熱
  • 息切れ
  • ヒューヒューゼーゼーという息苦しさ
  • 胸 痛
  • 血 痰
  • いびき
  •                  など

呼吸器内科の対象疾患

かぜ、気管支炎、肺炎、インフルエンザ、肺気腫、間質性肺炎、気管支喘息、胸膜炎、自然気胸、肺がん、睡眠時無呼吸症候群 等 主な呼吸器内科の病気を以下にご説明致します。


感冒症候群(かぜ)と急性気管支炎

感冒症候群、いわゆる“かぜ症候群”は、のどの痛み、鼻水、発熱、頭痛などの鼻、のどの粘膜の炎症による症状で起こり、ほとんどが1週間以内に治癒します。一方、急性気管支炎は炎症が気管支にまでおよび、咳や痰などの症状のほかに、しばしば高熱となり、症状が長く続くこともあります。

大半はウイルスよる感染が原因ですが、マイコプラズマ、肺炎クラミジア、百日咳菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは違った菌です)などの気道を強く傷害する病原菌によって起こされることもあります。
かぜ症候群の原因ウイルスに対する抗ウイルス薬は存在しません。(インフルエンザは除く)いわゆるかぜ薬は、症状を和らげることを目的とした治療です。しかし、かぜと思っていても、細菌感染による気管支炎、肺炎を起こしていることもあり、この場合には抗菌薬(抗生物質)による治療を要することもあり、注意が必要です。

気管支喘息

気管支喘息は、気管支が慢性の炎症により、狭窄や過敏状態を引き起こし、発作性の呼吸困難や咳・痰を生じる病気です。

気管支喘息の原因にはアレルギーが関与していることも多いのです。

この気管支喘息治療としては、気管支拡張薬で狭くなった気管支を拡げることだけでは不十分で、ベースにある炎症を抑える「抗炎症療法」が最も大切です。

現在の気管支喘息治療では、吸入ステロイド薬が治療の中心となっております。

吸入方法を正しく理解することで、安全に効果的に治療を進めることができます。


慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患はCOPDとも呼ばれています。Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略語で、従来は肺気腫・慢性気管支炎と呼ばれてきた病気です。タバコ煙などの有害物質の長期にわたる吸引によって起こされる進行性の病気で、体動時の息切れや、慢性の咳や痰を起こします。進行してくると日常的に酸素を吸入する治療が必要になることもあります。

近年、世界的に患者数の増加が問題とされ、2004年のWHO(世界保健機関)の調査では、世界の死亡原因の第4位にランクされ非常に注目されるようになってきました。
最近の調査では、日本でも、530万人を超える潜在患者様が存在すると言われております。


肺 炎

肺炎とは、細菌やウイルスなどが肺に入り込んで炎症が起きる感染症の総称です。

最近では、抗生物質の効きにくい細菌も増えてきており、高齢者の肺炎による死亡率は年々高くなっています。

また、肺炎で亡くなる方の9割以上は65歳以上の高齢者が占めており、他の病気で体力が落ちている患者様や免疫力が弱くなっている高齢者の方は特に肺炎に対する注意が必要です。


医院概要

うたせ内科・呼吸器内科 

〒261-0013
千葉県千葉市美浜区打瀬1-11-1
幕張ベイタウン アムゼ2階

[電話番号]  043-212-8811

診 療 時 間

9:00~12:30

/

14:30~18:00

/

/

/

[休診日] 日曜、祝日